最近の投稿

menu

文書保管サービスとは?

文書保管サービスとは?

文書保管サービスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

普通に暮らしている中ではなかなか聞き慣れない言葉ですが、実は企業で働く人にとってはとても重要なサービスであるといえます。

企業には多くの機密文書が存在します。

データでなんでも残しておける世の中ですが、昔ながらの方法で文書で残しておく必要があるものも多数存在します。

ですが企業規模が大きかったり、創立から長かったりすると文書だけで1部屋埋まる…なんてこともあります。

そこでぜひ利用したいのが文書保管サービス。

これは文書を保管するためのスペースを貸してくれるサービスのことを指します。

また、このシステムで便利なのが文書廃棄サービスもあるという点。

書類の中には保管期間が決まっているものの、その期間を過ぎてしまえば破棄してよしという書類もあります。

自社でやるとなると相当な時間と労力を費やしますが、この廃棄サービスを利用すれば保管〜廃棄まで一貫して行えます。

文書保管に苦戦している方は是非利用を検討してみてください。

文書保管サービスの平均利用額は?

企業では重要な役割を担う文書保管のサービス。

では利用するにはいったいどのくらいの金額がかかるのでしょうか?

ここでは、「2箱を1年間保管」という条件で金額を比較してみました。

安値の価格では、3,672円という料金があります。

ここでは1か月あたりの保管料が1箱100円程度なので、これだけの安価なサービスが実現したといえます。

もちろん、他のサービスと同様、出し入れは自由(別途料金はかかりますが)、オプションで廃棄サービスも料金を支払うことで利用することができます。

最低限のサービスでよいという方にはおすすめです。

そのほかのプランでも計算してみたところ、だいたい相場としては4,000円〜5,000円程度でした。

金額については大差ありませんが、利用するには企業規模が指定されているところや、少し高い料金設定の場合は書類の出し入れに料金がかからなかったり、文書の中身を少しみたいときにメールで内容を送信してくれるところなど、サービスが充実しているところほど少し高めの料金設定であるようでした。

文書保管サービスを行う業者は多く存在するので、利用方法にあったサービスを利用するのがよさそうです。

Comments are closed.