最近の投稿

menu

奥井建設さんは公共施設の工事もしています

奥井建設さんは公共施設の工事もしています

東日本大震災もあったし、そろそろ関東大震災がきてもおかしくないから、耐震工事をしたいと考えている方は多いと思います。
最近は口永良部島や浅間山も噴火したし不安は募るばかりですね。
でも家の事となるとしっかりとした業者に建ててほしいし、工事もしてもらいたいですね。
お家だけではなく、公共施設も工事している会社のひとつが奥井建設さんです。
公共施設はたくさんの人々が行き交う場所だからこそ、建物の基礎や設計がきちんとしていないとなりません。
奥井建設さんは、ある区の改修工事も任されていて信頼がおけると思います。
実際写真をみてみましたが、とてもきれいな建物になっていて驚きました。
公共施設となると、役所の人もどこの建設会社さんにお願いするか悩むと思います。
そのような中、選ばれた奥井建設さんは役所の人にも認められているということですね。
役所のお墨付きだと思うので、お家の耐震工事をお願いする時は奥井建設さんにお願いしようと考えてます。

昭和30年から続いている奥井建設さん

長く続く会社は古臭い会社なのだろうなぁと思っていました。
でも会社を長く続かせることは、実はとても大変なことなのですよね。
奥井建設さんは昭和30年から続いているそうです。
昭和30年の時代と平成の時代とでは、日本の経済状況も違うし、日本人の価値観も違っているはずです。
それなのにずっと続いているということは、きちんとその時代のニーズに合った建設をしていたということだと思います。
昭和後期にはバブル経済がありました。
バブル時代はたくさんの会社が利益を得ていたかもしれません。
ですがその後、バブルが崩壊して倒産する会社はたくさんありました。
そのような苦しい時代にも奥井建設さんは残って続いているのです。
このように伝統のある奥井建設さんならば、家を建てる時にしっかりと話を聞いてくれるのではないかと思います。
新しい建設会社さんは考えが斬新で、今までのお家とは違った素敵な建設をしてくれるかもしれません。
でもまだ年数が浅いため、様々な要望にこたえるのは難しいこともあるでしょう。
どのようなお家を建てたいか、よく考えてから建設会社さんを決めたいですね。

Comments are closed.