最近の投稿

menu

沢山の石像にも念仏宗はこだわります

沢山の石像にも念仏宗はこだわります

様々な石像が建物内には多く建てられています。
仏像が多いですが、中には龍を思わせるような石像も数多くあります。
念仏宗は、浄土宗の一つです。
門や建物の上部に多くあり、沢山の石像を置く事で魔よけの意味も持っています。
前の記事でも書いたように、庭園がとても美しく四季折々の植物が多いのでその景観を壊す事ないように目の届きにくい上部に配置されています。
念仏宗の石像や彫刻は、世界的にも色々な分野から注目を集めているくらい、とても芸術性が高いものが多いです。
今にも動き出しそうな躍動感溢れる表情や柔らかさが感じられます。
そこだけとてもリアルな雰囲気に包まれていたりします。
一般でも見られる参拝コースもあるので、敷地がとても広い事もあり、歩いて回るのではなくバスに乗って場所を回れるようになっています。
等身大の彫刻が多い事から、海外からのお坊さんも多く訪れていて念仏宗の石像の技術を学んだり、世界にも広めたりしています。

Comments are closed.