最近の投稿

menu

ようやく夢のマイホームに向けてウィズワン住宅と打ち合わせ中

ようやく夢のマイホームに向けてウィズワン住宅と打ち合わせ中

住居に関して、大きく分けると物件購入派と賃貸派に分かれると思います。
私に関しては、断然購入派でして、今ウィズワン住宅という会社と注文住宅を建てる打ち合わせをしている最中なのです。
私の周りにいる知人の中には、賃貸派という人もおりますし、話を聞いている限り、彼らの理論もわからないでもないのですが、それでも私は購入派としての考えを変えるつもりは全くありません。
私の実家は東京都内にありまして、その家は持ち家であり、賃貸住まいの経験が少ないことも、私の考えに多少は影響を及ぼしているのでは、と自己分析をしてみたりしています。
それでも、大学を卒業して、就職を機に私は実家を出て一人暮らしを始めて、それ以来今までずっと賃貸住まいでした。
ただ、5年前に私も結婚をし、結婚の2年後には子供を授かることができたのですが、子供ができたことがきっかけで、持ち家が欲しいと考えるようになり、ようやく今ウィズワン住宅と話を進め、もうまもなく夢のマイホームを手に入れることができそうなのです。

建売住宅とウィズワン住宅のような注文住宅の違い

売買物件の対象としては実は様々な形があり、例えばマンションと戸建という違いもあれば、戸建であっても、土地を購入して、好きなハウスメーカーに家を建ててもらうこともあれば、建売住宅といって、すでに建築を終えている、または建築が始まっている戸建を買う、というケースもあります。
私の場合は、土地を不動産会社から購入し、ウィズワン住宅というハウスメーカーに注文住宅を建ててもらうことにしたのです。
建売住宅の場合、多少選べる要素を残している場合もありますが、すでに出来上がっている、もしくは出来上がる予定の戸建を購入するため、費用面では注文住宅よりも安く購入できます。
ただ、外観や内装が良く見る住宅と似ている場合が多く、こだわりを出すのは難しいです。
一方、ウィズワン住宅のようなハウスメーカーに注文住宅を依頼した場合、依頼主側からのこだわりを反映してもらうことができる反面、やはり費用面では建売住宅よりも高い場合が多いといえます。
ほとんどの人の場合が、費用面で建売住宅を買うしかない、というが現実だと思います。

ウィズワン住宅にお願いするにあたり妻の両親から援助をうける

私がウィズワン住宅に注文住宅の設計を依頼できたのは、私にたくさんの貯えがあったから、というわけではないのです。
実は、妻の両親から購入資金援助を受けることができたのが理由です。
援助を受けるのに、妻の実家近くに家を建てる、という条件がありました。
私は男三人兄弟の末っ子でして、家は長男が継ぐことになっていたため、身軽な身分であったことが幸いしました。
ウィズワン住宅に住む
私の実家は、すでに長男家族が私の親と同居しており、私の入る隙間はありませんし、そもそも私も入るつもりが全くなかったため、私が妻の実家近くに住むことになんら支障はなかったのです。
妻には、歳の離れた兄が一人おり、その義兄が妻の実家を継ぐことは決まっているのですが、妻の両親としては、歳を取って生まれた娘を近くに置いておきたい、という気持ちが強くあり、今回の私達のマイホーム購入にも、上記のような条件付きではありますが、快く援助をしてくれたという訳なのです。
ウィズワン住宅が作る家に私も妻も一目ぼれしていたので、援助をしてくれた妻の両親にはとても感謝しています。

Comments are closed.