最近の投稿

menu

日本人に馴染みやすい念仏宗

日本人に馴染みやすい念仏宗

私たちは、いつも幸せになりたいと願っていますよね。
念仏宗は幸せにフォーカスした宗教です。
幸せは人によって違いがあるかもしれません。
美味しいものを食べて幸せ、ブランドバックが買えることが幸せ、素晴らしい結婚相手を見つけ幸せな結婚生活を送ることが幸せなど私たちは願いや願望が尽きることはありません。
それは決して悪いことではありません。
こうしたいという願いは、生きる意欲につながるのですから。
さらなる貪欲な願いがあったから、現代のような豊かな日本になったともいえます。
しかし、現代の日本人が幸せを感じているのかといえば、必ずしもそうではないですよね。
自殺者は年々増え、うつ病や精神疾患に悩む人、引きこもりやニートの人たちも増加傾向にあります。
こういったことからも、日本人が「幸せだな」と充実した心をもっていないのではないかと思いませんか。
釈尊は、何百年も前に「人は何のために生まれたのか」「真の幸福とは何か」を問い、私たちに投げかけています。
念仏宗は、寺院への参拝や年間を通しての活動、日々の心がけなどで考え、自分の心にアプローチしていく宗教です。

Comments are closed.