最近の投稿

menu

日本ロール製造株式会社の心

日本ロール製造株式会社の心

テレビ番組で時々工場見学をやっていることがある。
タレントが直接工場に行くというよりは、何かを作っている映像を見て何を作っているのか当たるというクイズ形式のものが一般的だ。
その何かは、大抵お菓子だったり日用品だったりするが、視聴者が興味を惹かれるのは基本的にその製造過程や製造方法である。
製造している機械、ましてやその機械そのものを作る方法にまで考えることはない。
日本ロール製造株式会社では、機械の製作と製品の製造の両方を事業として行っている。
どういうことか。
つまり、製品を作るためにはそのための機械が必要である。
そのためにはその機械を作る人が必要である。
基本的には外部で製品製造のための機会を作ってもらい、その機械で製品を製造する。
しかし、日本ロール製造株式会社では機械の製作も自社で行っているのだ。
こうすることで機械にトラブルが生じても対応しやすい。
この双方に事業を展開することで、東南アジアやヨーロッパ、米国にまで顧客を獲得している。

機械ロール事業部in日本ロール製造株式会社

プラスチック製品は日本のみならず、世界の国々でも生活の中で欠かせないものとなっている。
簡易的な入れ物から、お菓子などの包装、歯ブラシなどの日常品の多くがプラスチックから出来ているといっても過言ではないだろう。
もし今、プラスチック製品が世の中からなくなったらと思うとゾッとする。
これだけプラスチック製品がたくさんあるということは、それだけ製品を製造する工場もたくさんあるということだ。
日本ロール製造株式会社はゴム、プラスチック加工機械の専門メーカーである。
プラスチック製品を製作する工場が顧客ということだ。
プラスチック加工といっても、その加工の仕方は様々だがそのための機会を作るためには確かな技術が必要なことは事実だ。
製品を製造するための機械の製作は決して世間的に有名なわけではなくても、大切な存在なのである。
私たちがこれから、プラスチック製品を使う時、その製品を考え製造してくれた人にはもちろん、日本ロール製造株式会社のようなその機械を製作してくれた会社にも感謝するべきかもしれない。

パイプ事業部in日本ロール製造株式会社

その昔、ヨーロッパの国、フランスでは下水道が整備されていなかった。
そのため、綺麗な街並みにもかかわらず、街中には汚水が発する悪臭に溢れていた。
下水道が整備されていなかったということは、汚水が垂れ流しであったということだ。
その結果、悪臭のみならず、伝染病などの発生にもつながり大変危険です。
衛生面からいっても上下水道の整備は欠かせないのだ。
日本ロール製造株式会社は上水道や下水道に必要な硬質塩化ビニル管、ポリエチレン及び各付属品の製造を行っている。
日本の上下水道の技術は現在、東南アジアなどの発展途上国の衛生面の向上にも役立っているという。
特に下水道は普段目に見えず、なかなか意識するものではないが私たちの日常の生活を支えている重要なものの1つであるといえる。
その技術が他の国の発展にも役立つのだとしたら嬉しいことだ。
これから日本ロール製造に作ってもらう
日本ロール製造株式会社がこれからさらに、海外への進出し発展途上国の発展に貢献できればよいと思う。

Comments are closed.