最近の投稿

menu

念仏宗という宗派を聞いたことがありますか?

念仏宗という宗派を聞いたことがありますか?

宗教に馴染みのない方が多いと思われる日本ですが、皆さんは念仏宗という宗派を耳にしたことはありますか?私は最近知ったばかりです。
たまたま友人が知っていて話題に出たので、本当に偶然でした。
日本では仏教が一番メジャーだと思います。
しかし、その仏教についてでさえ、まだまだ知らないことはたくさんあるのだなと感じました。
そのほかにもキリスト教の文化も日本に根付いていますね。
文化として取り入れて、日本風にアレンジされているイベントがたくさんあります。
アレンジするのは上手いですが、宗教の本当の意味などについてじっくり考えることは少ないのではないでしょうか。
確かに年間を通して様々なイベントがあるので、それに追われてしまい、考えている暇なんてないですよね。
でもたまには、日本に馴染みの深い宗教についてじっくりと考えたり、調べたり、話し合ったりしても良いかもしれませんね。
念仏宗のような新興宗教が宗教の知識を深めてくれることもあるかもしれません。

日本の比較的新しい宗派である念仏宗

念仏宗は仏教の一派とされている比較的新しい宗派のようです。
仏教にはたくさんの宗派であり、把握するのはとても難しいです。
現在でも変化を続けているので、複雑さは増しているのかもしれません。
そこで、現在の仏教の宗派を少し調べてみたので、ご紹介してみたいと思います。
まず、宗派の前のくくりとして、系統というものがあります。
浄土系や奈良仏教系などと呼ばれるものです。
主に仏教には6つの系統があります。
そして、その下に宗派というものがあります。
これは主に13つあるそうです。
皆さんも聞いたことがありそうな宗派をご紹介すると、浄土宗、浄土真宗、真言宗などが挙げられるでしょうか。
日本史でも習うので、馴染みがあると思います。
そのほかにも華厳宗や法相宗などもあります。
念仏宗は浄土系の単独宗教です。
浄土系の枠組みに入る新しい宗教なのですね。
一方で、単立宗教法人のため、どこの宗派にも属さないという考えもあるそうです。
念仏宗のような新興宗教の位置付けは少し複雑です。

日本人と念仏宗をはじめとする宗教の関係

ここで、日本人と念仏宗のような宗教との関係を少し考えてみたいと思います。
なぜなら、日本人の宗教観はとても特殊で興味深いからです。
21世紀の現代でもなお世界では土地や資源を巡って人種あるいは宗教同士で争いを続けています。
その一方で、日本では様々な宗教が共存しています。
確かに、日本でも特定の宗教を取り締まった時代はありました。
しかし、現在ではそんなことはないですよね。
これは外国に住む人から見るととても特殊な光景に映るそうです。
私の友人は日本のような宗教の環境が羨ましいと言っていました。
特定の考えに縛られず、互いを暗黙のうちに認めているからでしょうか。
念仏宗について詳しく知ってみたい
関心がないのかもしれませんが、それはそれで平穏です。
一方で、特定の信仰を持たないのがおかしいという人もいます。
生き方の方針や世界への態度が宗教観によってある程度決まる人には確かにそう見えるのかもしれません。
たまに、念仏宗のような宗教から、日本人と宗教の関係などを考えてみるのも良いですね。

Comments are closed.