最近の投稿

menu

自然環境にやさしい飯能の木材でリフォーム

自然環境にやさしい飯能の木材でリフォーム

江戸時代から有名な飯能の木材は、リフォームにも多く使われております。
森林面積が70%を占め、回りを山で囲まれた飯能の木材は、とても材質が良い事で知られています。
入間川、高麗川に挟まれた越生町、毛呂山町、日高市の一帯が林業の盛んな地域です。
江戸時代はこのあたりで伐採された木材が、筏で入間川、高麗川を下り江戸の町まで運ばれました。
伝統のある飯能の木材を使用した木のリフォームは、とても環境に優しい事で有名です。
化学物質を使用した材料で作られた家を、自然な木の家にする事でシックハウス症候群など、様々な問題が解決します。
そして自然な木を利用した家は、時間の経過とともに木の感じがどんどん変化していきます。
家になっても木が生きているかのように、自然な味わい深い表情が現われてきます。
自然と人間が共生している空間がそこにはあると思います。
きれいに生まれ変わった、飯能のリフォーム物件
また森林は二酸化炭素を吸収してくれますので、地球の温暖化防止にもなっております。
飯能の木材を使ったリフォームは自然環境にとても優しいようです。

Comments are closed.